201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Houston自殺未遂事件続報

It\'s Already Written
It's Already Written
Houston

 こちらでお伝えした事件の続報がMTV.comに掲載されました。記事によると、発見者のボディガードは自殺未遂説を完全否定していますが、厳格なクリスチャンの家庭に育ち、聖書を常に携行する彼がドラッグ、アルコールまみれの音楽業界に馴染めていなかっ点を指摘。目をくり抜こうとしたのは神と近づくためで、痛そうなそぶりも後悔している様子もなく、むしろ幸せそうだったとのことです。

 同じく自殺未遂を否定する姉は根拠のない噂を流したとして元マネージャーの2人を非難しています。音楽業界でのストレスに苛まれていたことは認めましたが、精神病、薬物依存の噂なども否定し、単なる事故であると主張。

 しかし元マネージャーの2人は以前から奇行の目立つHoustonの不安定な精神状態を案じ、家族の反対を押し切って精神医療施設で診察を受けさせるなど尽力していたと反論しています。昨年十月に統合失調症の診断を受け、薬物依存も含めて治療に時間を割くべきだと主張したが、家族が働くことを切望したためツアーも続行されたとのこと。しかも家族はHoustonの稼ぎを管理して彼にお金を渡さず、私腹を肥やしていたとか。しかし最悪の事態に至ることのないよう、彼の健康を最優先すべきとしながらも、すでに解雇されているため、この件からは手を引くということです。

 軟派な遊び人的イメージがあったHoustonですが、厳格な家庭で育った真面目な青年だったんですね。退廃的な業界の中、誘惑に負けてドラッグやアルコールに手を出してしまったんだろうけど、モラル心が強いから吹っ切れてハイになることもできず、逆に罪悪感に苛まれて精神を病んでいったのかな。マネージャーの言葉を信じるなら、彼を厳しく仕付け、強い道徳心を植え付けたはずの家族が業界入りを反対するのではなく、そこでより一層稼ぎをあげることを望んだというのも彼の価値基準を混乱させる要因だったのかも知れません。Chingyとの来日も企画されていましたが、いまは静かな休息が必要ですね。その後はゴスペルに転身するか業界から足を洗うべきかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soulkid.blog2.fc2.com/tb.php/133-cd4a4298

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

CATEGORIES



MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

魂先生

魂先生

好きなアーティスト


  • RSS 1.0
  • FC2Ad



      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。