201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  自己分析

2PAC a.k.a.Makaveli
Chris Rea
Jimi Hendrix
Michael Franti & SPEARHEAD
Prince a.k.a.○(+>
Valentine a.k.a. Robby Valentine
Yutaka Ozaki


唐突ですが 自分の好きなアーティスト上位7傑 を書き出してみました(アルファベット順)。意外と大物が並んでるなぁ、という以外は我ながらてんでバラバラ。まったくもって統一性がない。しかしじっくり眺めているとこれがどうしたものか、わずかながら共通項が見えてくるのです。

franti[2].jpgまず最初に言えることは自分はかなりの 雑食家 であるということ。大好きなアーティストのジャンルや音楽性が一貫していないのは、飽き性で気が多い自分のなんちゃってな性向を反映しているに違いない。個別のアーティストについて言えば、出たとこ勝負なガテン系ロケンローとか、ライム巧者の職人技ヒップホップとかいった、極端に純度の高い音楽はあまり好みません。自分が良いと感じたモノはなんでも吸収してしまうような 貪欲かつ間口の広い感性で幅広い音楽性を体得 した人に惹かれます。そしてそれを独自のフィルターを通して昇華し、空前絶後のジャンルレスミュージック を生み出しているとなったらバッチグー。つまり一粒で二度ならぬ十度も百度も美味しい、健康食品アルファルファのような ”複合栄養素型”の音楽、これなんです。また1曲の中で劇的に曲調を変化させるプログレッシブな雑食性もオッケー牧場。1曲の中で複数の情景を堪能できるのだから大好きです。


次に 唯我独尊、狷介孤高な詩人 を好みます。先に述べた独自のジャンルを切り拓いてる人というあたりにも共通するかもしれません。この点に関しては冒頭に挙げた7人全員が当てはまると思います。周りがほっておかない場合もあるでしょうが基本的に群れず、自らの意志でストイックに創作活動に励むような、これぞ芸術家といったタイプ。詩の内容としては反骨だとか愛や平和についての講釈もいいですが、それより人生に置いて決して解消されることのない虚無感や寂寥感を全く新しいイディオムで表現できる人に魅力を感じます。

URB25[1].jpgさらに 破滅型 という要素が加わると最強。神の手が触れたとしか思えない類い希な才能を授かり、その発現に成功して巨大の富を手に出来る立場にあるのに、商才がなくてレーベルや取り巻きの食い物にされたり、刹那的な快楽に溺れて一瞬で財産を使い果たしてしまう ダメ人間 。裕福になるどころかどんどん窮地に陥っていく 自虐性 。そんな社会性のないキングof厨房 な彼らに”滅びの美学”を感じ取ります。彼らは精神的に極めて脆く、栄光に照らされることを逆に嫌ってすべてを投げ捨てるように転がりながら落ちてゆき、生き急ぐようにこの世を去っていきます。肉体的な老化を永遠に経験することなく。人生そのものがロック。これをリアルと言わずして何をリアルと申せましょうか。

jimi_laugh.jpg

最後はずばり”黒人ロック”。「異端の横道を逝く黒人音楽愛好家のための情報満載BLOG」を標榜する身としてはやはりこれを忘れることはできません。世に出るアーティスト数が少ないこともあって、何かしらロックテイストをもった黒人ミュージシャンは見つけたら必ずチェックしますが、ほぼ間違いなくMYストライクゾーンど真ん中にミットインします。Blues / Rhythm&Blues / Jazz などに始まり、Rock&Roll / Hip-Hop に至るまでポピュラー音楽の大半は黒人由来のものであることはいまさら此処で指摘するまでもないでしょうが、やはり黒人には遺伝子レベルで他人種とは別格の才能が備わっているのだと信じて病まないわたしです。

f0f3e8f6d0[1].jpg

というわけで、こんな音楽嗜好を持つわたくし魂小僧が運営するオルタナソウルエイリアンは黒人音楽メインですが、そのときの気分次第であっち行ったりこっち行ったりと、これからも迷走を続けます。その行き着く先はジミヘン、パック、尾崎らが辿った破滅的栄光なのか。それとも破滅型と見せかけて堅実にキャリアを積み重ねるプリンス型の確信犯的エンターテイメントとあいなるのか。今後もしっかり見届けて下さいね☆

※このエントリは JMB連携TB企画第36弾「1周年&300突破記念企画/my music taste」にインスパイアされて書きました。
魂小僧 Favorite Artist List
スポンサーサイト

コメント

一口に

「黒人音楽好き」と言っても、それぞれ趣味や嗜好の違いがあって面白いですね。
音楽の才能があってもキャリアを積む才能や生活を営む才能は必ずしも同居していなかったり、逆に何故か細く長く生き残る平凡?な音楽家がいたり、
あっという間に燃え尽きる人、徐々に才能を発揮する人etc...
こういう所まで気に留めながら音楽を聴いてみると、また違った感じ方になったりして面白いですよね~本当に。

Akonのインタビューで「ボブ・マーリー、マーヴィン・ゲイ、2パックの3人がフェイバリットだ」と答えて「全員寿命が短い方ですが、、、」と言われるというやりとりがありましたが
やっぱり破滅型には刹那の魅力があるんでしょうか?

RE:自己分析

この連携TB企画ではビートルズを挙げる人が
やっぱり多かったですね。
ブラック好きな人にももっと聴いてみたいところ。
天才は早熟型、凡人(?)は晩成型が多いような。
プリンスみたいに創作意欲が枯れない人は珍しい。
異常なほどの多作家だし。
Akonのフェイバリットは納得の三人ですね。
ちょうど彼らを三人かけあわせたような音楽性ですもん。

共通項

TBありがとうございます。
共通項が見えているのですね。
ぼくは全然説明できない(^^;。でも体の中では繋がっているのですが・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE:

わたしも、クリス・レア「On the Beach」はかなり聴きこんでたときがありましたよ。
切ない感じが好きですね。
あと♪Windy Townとか。
懐かしい。
CD引っ張り出してみようと思いました。

RE:自己分析

>calfisoさん
わかります!他人にはわかんないかもしんないけど
自分の中では繋がってるって感覚!
ぼくのエントリも言ってみればあとづけのこじつけですし。
calfisoさんはJBを選ばれたんですね。
hip-hopのルーツともなっている巨匠中の巨匠なのに
ほとんど手つかず状態でスルーしてきたので
少しずつ開拓していこうと思います。
勉強になりました☆

>ne_sanさん
On the Beachは名盤ですね~。
"Windy Town"はその次のアルバム=Dancing with strangers
収録曲ですがこれも名曲盛りだくさんの名盤!
このあたりから遅咲きの英国チャート連続制覇が
始まるわけですが、いま聴いても非常に充実した
カタログばかりだと思います。
是非是非もう一度ひっぱりだして回してみてくださいな☆

RE:

たまさん、はじめまして。TBありがとうございます。
ジミ・ヘンドリックス・・私も彼は特別です。
短い時間に神のような音楽を残してくれましたね。
そして・・「尾崎豊」に反応してしまいました。(笑)
たまさんのこだわりを感じました。
私も彼の音楽を聴くと心が揺さぶられます!

これからもどうぞよろしく!

RE:ワルツさん

ワルツさんが挙げてくださった2人は
この7人の中でも最上位に位置する
大大大フェイバリットなアーティストです。
ジミヘンに関しては客観的に見ても
人類史上最高の音楽家ですよね。
レノン=マッカートニーを2人足し合わせて
ようやく太刀打ちできるぐらいじゃないか?
とか
ベック、クラプトン、ペイジを3人束にしても
敵わないぐらい凄いギタリストじゃないのか?
とか
思うんですけど、ビートルズやクラプトンに
比べると日本では人気無いのが残念。
それからワルツさんも尾崎に”SOMETHING"を
感じていらっしゃるのですね(^o^)
嫌いな人はとことん嫌うタイプなだけに
嬉しいお言葉でした~☆
そちらにもまた遊びに伺います。
宜しく御願いしますm(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soulkid.blog2.fc2.com/tb.php/184-0150148c

『寡作の人』~スティーリー・ダンとケイト・ブッシュ

JMB連携TB企画 第36弾 1周年&300突破記念企画/my music tasteいろいろ各方面に手を広げているところですが、やはり根っこはここにある、という二組。Steely DanとKate Bushです。共通点はどちらも寡作であること。エキセントリック風味なところ。ひねくれ

JMB連携 TB企画

JMB1周年&300突破記念企画  My Music Taste&nbsp;とっても魅力的なお題ながら、あれもこれもと頭に浮かび、選ぶのが難しいくらい。でも、自分が一番影響を受けたアーティストや、アルバムを素直に選んでみました!&nbsp;&nbsp;Optimista&nbs

JMB連携TB企画 第36弾 1周年&300突破記念企画/my music taste

《JMさん、JMB一周年&300突破おめでとうございます!》お祝いの第36弾に参加させて頂きます。JMさんの記念のお題は、『 my music taste 』です。座右の銘的Album、音楽好きとして思い入れのある曲、無人島に持っていく1枚◆ えっと、私が、ちゃんと覚えていて

my music taste

毎度おなじみのJMBトラックバック企画です。今回はJMBの参加Blog数が300を突破しました。おめでとうございます!!JMBをきっかけで色々な音楽のジャンルのBlogの人からトラックバックを張ってもらい、コメントでつながっているBlogが多くなりました。主催のJMさんがJazz系中

JMB連携TB企画第36弾 1周年&300突破記念企画/my music taste

ご無沙汰しております。そろそろ更新しなきゃと思っていたところに、新しいTB企画の発表がありましたので、参加させていただきます@渡りに船。(1周年&登録300サイト突破、両方ともおめでとうございます。)「my ...

My Music Taste

JMB連携TB企画 第36弾 1周年&300突破記念企画/my music taste ということで、久しぶりに参加させてもらっちゃいます☆ 今回のお題は【My Music Taste】ということで、特に思い入れの強いアーティストやアルバムについてのお話。 JMさんのコレだっ!! っていうのはStevie Won

JMB連携TB企画第36弾 my music taste

JMさんちのJMB連携TB企画第36弾は1周年、そして参加ブログ300到達記念!の「my music taste」。今回のネタはそんなJMBに参加しているメンバーの音楽的な趣味趣向を紹介し合うというもの。無人島へ持って行くAlbum、座右の銘的Albumなど、音楽好きとして思い入れのあるコレ

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

CATEGORIES



MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

魂先生

魂先生

好きなアーティスト


  • RSS 1.0
  • FC2Ad



      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。