201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Bruce Springsteen / Devils & Dust

B0007WF1WS Devils & Dust
 Bruce Springsteen

 
 Amazonで詳しく見る
by G-Tools

枯れた。哀しいほどに枯れた。『Nebraska』『The Ghost of Tom Joad』の系譜に連なる内省的でフォーキーなボスの新作は特別な重みを持って胸に迫る。

しわがれた掠れ声で唄われるメロディはおぼつかず、耳に残るものも大半が手癖フレーズ。難解な歌詞も極めて聴き取りにくく、全盛期のボスを知らない人がこれを気に入るとはあまり思えない。

しかし不屈の精神の体現者として光の中の未来をパワフルに唄ったあのボスがいまこうして完膚無きまでに打ちのめされ、押し寄る年波を隠しきれない初老の男になってしまった事実がヒリヒリ痛い。そしてその彼がまだ歌を唄い続けているという事実に悲しい感動を覚える。

昨年の大統領選挙でも真っ先に行動を起こし、ジョン・ケリー候補の応援ツアー「Vote for Change」で "Never Surrender" を唄ったボス。その彼が本作では「今夜俺はまともな信仰心も持てずに引き金に手をかけた(Devils & Dust)」「もうお前が俺を信じる理由なんかないよな。俺の自信も少々錆びついてしまったよ(All the Way Home)」と唄う。

ハリウッドにおいて数少ない共和党支持者のクリント・イーストウッドは映画『ミスティック・リバー』で、正義が正しく行使されず不幸な境遇にある者が一生報われることなく闇に葬り去られていく現実を諦観の中に描いた。民主党支持者の代表的歌手であるボスの本作にもまた、それと共通した人間社会の悲劇が鉛のように重くのしかかっている。そしてボスの満身創痍の姿そのものが諸行無常の世の中でやがて潰える希望を夢見ることの貴さを静かに伝えている。

B0007Z9Y64 ミスティック・リバー
 ショーン・ペン クリント・イーストウッド ティム・ロビンス ケビン・ベーコン

 
 Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soulkid.blog2.fc2.com/tb.php/211-d3d1a290

● Bruce Springsteen &quot; The Ghost Of Tom Joad&quot; ( 1995 ) ★★

CDレビューのブログをやっているKMCにしむらです。自分のブログでBruce Springsteenの作品を取り上げているのですが、たまたまこちらの記事を見つけたのでTBさせていただきました。

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

CATEGORIES



MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

魂先生

魂先生

好きなアーティスト


  • RSS 1.0
  • FC2Ad



      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。