201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  日本語はラップに向いていない

ネット上を散歩していると、複数参加型の掲示板で「日本語ラップは是か非か」「日本語ラップと英語ラップはどちらが優れているか」といった議論がなされている光景をたびたび目撃しますが、的を射た発言は散見されても明確な結論まで辿り着いている例は一度も見たことがありません。しかしその論考は意外と簡単に行えるのです。

まずこちらのサイトを簡単にご覧下さい。ここでは日本語および英語の音程とリズムに関して、次のようにな差異が指摘されています。

日本語
・ほぼ四分音符からなり、リズムはほぼ一定
・音程はミからラのわずか4度程度のところを
 行ったり来たりするのみで高低差が小さい


英語
・二分音符、四分音符、八分音符などリズムが多彩
・そのため単語同士が繋がったり、変化したりする(リエゾン)
・1オクターブも一度に変化するなど音の高低差が大きい
・そのため強弱のはっきりしたアクセントが見られる


証明・解説は参照先を見ていただくとして、これは大変興味深い話です。要約すれば、「日本語よりも英語の方が音程とリズムがハッキリしている」ということであり、音の「強弱」「高低」「緩急」で決定される言語の「流れ」=「フロウ」が日本語は乏しく英語は豊かであるという、まさにそのことが言及されているのですから。日本語ラップを聞くと抑揚が無く、テンポが同じで念仏のように聞こえることがありますが、それは日本語本来の音程・リズム構造からくるものだったのです。

では、ラップにおけるもうひとつの重大な要素、「韻」=「ライム」についてはどうでしょう。これについてはもっと容易に答えが出てしまいます。というのも、ある特定の言語において意味が区別(弁別)される最小の音声単位を「音素」といいますが、日本語における音素の数が25個であるのに対し、英語はその1.76倍にあたる44個もあるのです。

日本語=母音5+子音20=音素25
英語=母音20+子音24=音素44


単純ですがあえてたとえ話をすると、日本語を3オクターブ分の鍵盤とした場合、英語は5.28オクターブ分に相当します。どちらの鍵盤による音楽表現がより幅広いかは言うまでもないですよね。同じようにどちらの言語による韻表現がより幅広いかについても自ずと答えは出てくると思います。

また歴史的に簡略化が進んだ日本語は常に子音(C)と母音(V)が1セットで登場するため音節はVかCVのどちらかのパターンしかありません。そのため日本語は音素が少ないだけでなく、言葉の最小単位となる音節数もぜんぶで100ちょっとと、世界的に見ても非常にパターンの少ない言語に分類されるのです。一方、英語は1つの母音に複数の子音がつくことが可能であり、その音節数は3000以上に及びます。 子音は1拍(1音)として機能する母音の間で潤滑油のような役割を果たし、言葉のデリバリーをスムーズするので、英語は日本語よりずっと滑らか聞こえることも大きな特徴のひとつです。

このような「音素(音の要素)」や「音節(言葉の要素)」のバラエティの豊富さを利用して、英語を母国語とする人々はどれだけ巧みに韻を踏み言葉のリズムを生み出せるかを1つの形式として、英詩や英文学を発展させてきました。一方、日本語で書かれる詩は「五七五」のように「言葉の数」によってリズムを生み出すことにより、音素や音節が少ないというデメリットを補ってきました。日本語がライムに不向きであるということはすでに歴史が証明していたと言ってもいいかもしれません。

ハデな化粧 俺と決闘
夏のパッション ベイ アテンション
文句のないシチュエーション
焼けた肌と海がモチベーション
イチかバチか 花でも咲かせてみませんか?
みんなSay What!!(WHAT!!)
外に出れば ホラ 平和
カンカン照りの日で 今Suntan
 (リップスライム "楽園ベイベー")


したがって日本語ラップはたとえば上記の詩のように、「パッション」「アテンション」、「シチュエーション」「モチベーション」といったように外来語や他言語を多用したり、「みませんか」「みんなSay What」のような駄洒落に近い合わせ技を用いる、あるいは「化粧」「決闘」のように単純な押韻を利用するしか、韻を踏む方法はなかなかありません。また押韻にこだわった場合、ひとつひとつのセンテンスを「わたしは~~した」というようにまともな日本語の文章として成立させることは困難になります。
 

His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy
There's vomit on his sweater already, mom's spaghetti  
 (Eminem "Lose Yourself")


次にエミネムの"Lose Yourself"を例にとりますが、最初のたった2行の中にも「palms」「arms」、「on his」「mom's」、「sweaty」「heavy」「already」「spaghetti」といった風に極めて多くの韻が見られます。同時に「on his」と「mom's」のようにリエゾンで繋がった複数の単語同士で押韻するという日本語ではありえないテクニックも隠されています。さらにこれらは個々が独立した文章として成立しており、英語としても正常な発音技法でライムされています。
 

Snap back to reality,
Oh there goes gravity
Oh, there goes Rabbit,
he choked
He's so mad, but he
won't give up that
Is he? No
He won't have it ,
No he knows his whole back city's ropes
It don't matter, he's dope
He knows that, but he's broke
He's so stacked that he knows
When he goes back to his mobile home, that's when it's
 (Eminem "Lose Yourself")


少し後のこのパラグラフでも押韻のオンパレードです。「Spap」「Oh」「Oh」「choked」「No」「won't」「No」「ropes」「dope」「broke」「knows」「home」…、「reality」「gravity」「Rabbit, he」「mad, but he」「that Is he」「won't have it」「whole back city's」「matter, he's」「that, but he's」「stacked that he」…といったように、名詞・動詞・否定詞・感嘆詞など多彩な種類の単語に加え、複数の単語を合わせたもの、それも二つの文章の文末と文頭にかけてという技ありなライミングまで披露されています。

以上のように、日本語が正常な発音で他の言語に過剰に頼ることなく、英語で行われているような巧みな押韻をすることは不可能です。もちろん現状のように外来語や他言語を積極的に取り入れつつ、個々の文章としての独立した成り立ちや正常な発音技法を犠牲にすれば、日本語でラップをすることもできます。そしてその先に、また英語ラップとは異なる日本語独自の可能性が広がっていることも決して否定は出来ません。

□お薦め関連記事
日本語はラップに向いていないmikelogueさん)
日本語ラップ問題と音節構造 (絵文録ことのはさん)
スポンサーサイト

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

CATEGORIES



MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

魂先生

魂先生

好きなアーティスト


  • RSS 1.0
  • FC2Ad



      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。