201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Kem / Album II

B0007PALI4 Album II
 Kem

 
 Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま全米で最もチルなR&Bを聴かせる男、Kem。レコードを再生しただけで部屋の温度が10度下がり、テーブルの上に冷たいレモンスカッシュが現れるようなどこまでも澄み切った音色。Al Jarreau を彷彿とさせる Kem のボーカルはヴィヴラートをほとんど使わないが、驚くほどの正確さで音をキープし美しく共鳴する。その様はまるでシルバーの光沢を放つ金管楽器のようだ。しかし無機質な冷たさはなく、優れたアンカーマンのように冷静に物語を紡ぎ、聴く者にリアルな感動をあますところなく伝えてくる。エレピ+サックスの M5 "Without You"やエレピ+アコギの M9 "Each Other" など、弾き語り風のナンバーではことさら Kem の卓越したボーカリゼーションが引き立つ。コロコロしたエレピが露ぶくグラスの中で氷がかちあうような音を立てる M2 "Heaven" でのファルセット、ワウギターが密やかなグルーヴを生み出すミディアム・ファンクな M3 "Into You" でのウィスパリングボイスと表現も幅広い。蜃気楼のようにゆらめく幻想的なエレピに導かれ、フックでドラムとホーンがそっと加わるシングル M4 "I Can't Stop Loving You" では去りし人への変わらぬ想いを半ば第三者的に物語るが、それが逆に切なく響く。この夏お薦めの一枚。
スポンサーサイト

コメント

偶然にも

こんにちは。
偶然にも、同日の1時間後に私もKemのエントリを。
といっても、独り言のような内容ですが(^^;。
魂小僧さんの表現力に脱帽ですm(__)m。
これだけ声をコントロールできると気持ちよいでしょうね。

RE:califsoさん

発売からしばらく経っているのに、
同じ日の1時間違いでレビューをエントリしたって凄い!
たしかにSadeっぽくもあり、だからMaxwellに通ずるところもありって感じですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soulkid.blog2.fc2.com/tb.php/233-4f240b6a

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

CATEGORIES



MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

魂先生

魂先生

好きなアーティスト


  • RSS 1.0
  • FC2Ad



      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。